外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 おもちゃの納入業者に支払う代金を不当に減額したなどとして、公正取引委員会は13日、独禁法違反で大手玩具チェーンの日本トイザらス(川崎市)に3億6908万円の課徴金納付と再発防止のための排除措置を命じた。同社は2009年1月から今年1月にかけ、納入業者117社に対し、優位な立場を利用して、店頭での値引き販売分の負担を求めて代金から計約4億円を不当減額し、売れ残り商品の返品もしていた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信