外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した2011年度上半期(4~9月)の車名別の国内新車販売台数は、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が前年同期比33・2%減の11万3211台で、上半期としては3年連続の首位になった。2位はホンダの小型車「フィット」、3位にはスズキの軽自動車「ワゴンR」が入り、燃費性能の良い車種が上位を占めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信