外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】トヨタ自動車は21日、燃料ポンプやブレーキ装置に不具合があったとして、「クラウン」や「レクサス」など11車種(2002年5月~06年3月生産)計59万9029台のリコールを国土交通省に届け出た。同様の不具合は北米や欧州、中国で販売した車でも見つかり、リコール対象は全世界で約150万台に上る。米国では6車種、約74万台をリコールするとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信