外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 トヨタ自動車は3日、植物を原料にするバイオ燃料を独自に開発し、2020年までに実用化する方針を発表した。化石燃料に代わるエネルギーの確保が地球規模の課題になる中、バイオ燃料を有力なクリーンエネルギーと位置付け、それを使うハイブリッド車(HV)の発売も視野に入れる。トヨタは燃料となるエタノールをつくり出す酵母菌を開発。15年までに低コスト化のめどを付け、20年までの実用化を目指す。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信