外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 トヨタ自動車は6日、2017年3月期連結決算で本業のもうけを示す営業利益を、従来予想の1兆7千億円から1兆8500億円に上方修正したと発表した。トランプ米大統領の就任後に進んだ円安で利益がかさ上げされた。ただ前期と比べると35・2%減と苦戦が続き、トランプ氏の強硬な円安批判を受けて円高が進めば一転してリスクとなる。スズキとの業務提携に向けた覚書を同日締結し、環境や安全などの先進技術分野で事業領域の拡大を狙う。

共同通信