外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 トヨタ自動車は11日付で、高速道路で白線に沿って自動的にハンドルを切ったり、前を走る車と無線通信して加速・減速したりする運転支援システムを2010年代半ばに商品化すると発表した。安全性の向上に加え、無駄な加減速を減らして燃費改善や渋滞解消につなげる。14日から東京都内で開かれるITS(高度道路交通システム)世界会議に出展する。公道で自動的にブレーキとハンドルを操作して歩行者との衝突を避けるシステムも発表。

共同通信