世界の出来事

 トヨタ自動車は10日、2018年3月期連結決算の予想として、売上高が前期比0・4%減の27兆5千億円、本業のもうけを示す営業利益は19・8%減の1兆6千億円になると発表した。減収減益は2年連続。先行きの円高進行を想定したほか、停滞している北米市場で販売促進の費用がかさむことも反映させた。17年3月期は5年ぶりの減収減益だった。

共同通信

 世界の出来事