外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 トヨタ自動車は14日、部品の強度不足が原因でハンドルが利かなくなる恐れがあるなどとして、乗用車「プリウス」など13車種、計151万8098台(2000年8月~昨年12月生産)のリコールを国土交通省に届けた。国内での一度のリコール台数としては過去最多。海外分を合わせたリコール対象は14車種、計約276万台。国交省によると、9車種、計150万台強でハンドルとギアボックスをつなぐ部品の強度が不足。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信