外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 トヨタ自動車は、主に国内生産のもうけを示す2013年3月期の単体営業損益(日本基準)が5年ぶりに黒字化する公算が大きくなった。国内外で新車販売が好調に推移したことに加え、最近の円安傾向が追い風となり、輸出分の採算が改善しているためだ。黒字化は雇用などを守る国内生産300万台体制の維持に不可欠で、国内製造業の空洞化の流れに対し、一定の歯止めが期待できそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信