外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広州アジア大会第3日は14日、トライアスロン男子で細田雄一(グリーンタワー・稲毛インター)が優勝し、日本は前日の女子とのアベック優勝となった。山本良介(トヨタ車体)も2位になり、男女とも日本が1、2位を占めた。競泳男子で五輪2大会連続2冠の北島康介(日本コカ・コーラ)は、非五輪種目の50m平泳ぎ予選を全体の5位で通過。女子200m背泳ぎの寺川綾(ミズノ)も順当に決勝へ進んだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信