外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米政権のロシア疑惑に絡み、南部バージニア州のアレクサンドリア連邦地裁陪審は21日、トランプ陣営の元選対本部長マナフォート被告(69)に対し、問われた18の罪のうち詐欺など八つについて有罪評決を出した。トランプ大統領の元顧問弁護士コーエン被告(51)はニューヨークの裁判所で別の詐欺罪を認め、当局の捜査に協力する司法取引を行うことで検察と合意した。米メディアが報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信