外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米政権高官らは15日、イラン核合意の実効性を認めないと表明したトランプ米大統領の決断をテレビ各局の報道番組で正当化した。ミサイル開発を事実上黙認している合意の「欠陥」が解決されなければ、トランプ氏が破棄する可能性があると重ねて警告し、議会や関係国に協力を迫った。ロイター通信によると、トランプ氏も16日、合意の破棄は「非常に可能性がある」と語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信