外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米大統領選の共和党候補トランプ氏は8月31日、メキシコを訪問し、ペニャニエト大統領と会談、不法移民や違法薬物の流入を防ぐため国境管理を強化すべきだとの考えで一致した。トランプ氏は会談後の共同記者会見で、公約とする国境への壁建設を話し合ったとした一方、この日はメキシコ政府の費用負担を求めなかったと明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信