外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米大統領選干渉疑惑「ロシアゲート」を巡るモラー特別検察官の捜査に対抗するため、トランプ米大統領が側近らに対する恩赦を検討していると米メディアが報じた。「自分の恩赦」にも関心を寄せているとされ、権力乱用の懸念が強まっている。疑惑捜査に影響力を発揮できないセッションズ司法長官の解任も考えていると報じられ、捜査封じに躍起の様子だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信