外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【クリーブランド共同】米共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(70)は21日、中西部オハイオ州クリーブランドで開かれている党大会で演説し、党の大統領候補指名を受諾した。安全保障や経済政策で米国の利益を最優先する「米国第一主義」を掲げ、「米国を再び偉大にする」と宣言。日本などを念頭に同盟国に応分の防衛費負担を求めた。環太平洋連携協定(TPP)は米製造業を「壊滅させる」として拒否する考えを表明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信