外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は28日深夜、トランプ米大統領と電話会談し、米ワシントンで2月10日(現地時間)に直接会談することで合意した。トランプ氏は「日本との関係を重視している」「(米国の)雇用をつくってほしい」と述べたのに対し、首相は自動車産業など日本企業の米国への貢献を説明した。両首脳は同盟の重要性も確認した。首相は電話会談後、来月の首脳会談に関し「経済、安全保障全般において有意義で、率直な意見交換をしたい」と官邸で記者団に語った。

共同通信