外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】トランプ米大統領が2月28日に行った施政方針演説に好感が広がっていることが1日、最新の世論調査で分かった。攻撃的言動を封印し、前向きなメッセージを訴えたのが要因と分析されている。支持率が低迷する中、求心力回復を図るトランプ氏は側近とともに演説を猛特訓するなど入念に準備していたと伝えられるが、演説で見せた穏健な路線を今後も維持できるか懐疑的な見方もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信