外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バーミンガム(英国)共同】トランポリンの世界選手権第3日は19日、英国のバーミンガムで行われ、男子個人決勝で23歳の伊藤正樹(金沢学院大ク)が60・864点で銅メダルを獲得し、ロンドン五輪代表に決まった。上山容弘(大体大大学院)は8位だった。伊藤は上山とともに17日の予選で五輪出場枠を二つ獲得した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信