外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】トルコ中部の観光地カッパドキアで20日、観光用の気球が墜落し、アナトリア通信によるとブラジル人2人が死亡、ブラジル、アルゼンチン、スペイン国籍の計23人が骨折などの重軽傷を負った。トルコの日本大使館によると、日本人が死傷したとの情報はない。観光客を乗せた2機の気球が上空で衝突、うち1機が墜落した。墜落機の風船部分が、もう1機のゴンドラにぶつかり、裂けたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信