外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長は21日、トルコ政府からシリアの攻撃に備えるためNATOのパトリオット地対空ミサイルをトルコ領内に配備するよう正式要請を受けたことを明らかにし、配備する方向で早急に検討する考えを示した。NATOの大使級理事会が近くパトリオットの配備を正式承認する見通しで、専門家チームが来週にもトルコを訪れ、配備の候補地を視察する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信