外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】トルコのエルドアン首相は4日夜、シリアからの越境砲撃でトルコ住民が死亡し、両国の緊張が高まっていることについて「開戦は望んでいない」と述べた。一方、「トルコに自衛する決意があるかどうか試すべきではない」と強調、再び同様の事件を起こさないようシリアに強く警告した。首都アンカラでの記者会見で語った。エルドアン氏は、着弾が偶発的だとするシリア側の説明に不信感を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信