外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アンカラ共同】トルコのチャブシオール外相は11日、7月のクーデター未遂事件の「黒幕」と断定した在米イスラム指導者ギュレン師の引き渡し要求に米国が応じなければ、「影響は免れない」と関係悪化を警告した。また、日本に同師関連の15団体があるとし、活動禁止を日本側に求める考えを示した。15日で事件から1カ月となるのを前に、首都アンカラで共同通信と単独会見した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信