外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ネブシェヒル共同】トルコ中部で新潟大4年の女子学生2人が刺され死傷した事件で、同国捜査当局は12日、事件に関与したとして新たに拘束していた修理工ファーティフ・ウヤル容疑者(24)を殺人などの疑いで逮捕した。一方、殺人などの容疑で勾留されていた電気作業員(26)は12日、釈放された。作業員の弁護士が明らかにした。地元当局者によると、ウヤル容疑者は事件について「自分が1人でやった」と供述している。

共同通信