外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ギョレメ共同】トルコ中部の観光地カッパドキアで新潟大4年の女子学生2人が刺されて死傷した事件で、トルコの捜査当局に拘束された容疑者の男が10日、調べに対し「私がやりました」と犯行を認めた。トルコのドアン通信などによると、拘束されたのは26歳の電気作業員。捜査当局は被害現場の遺留物と男のDNAが一致するかを鑑定するため、首都アンカラの研究施設にDNAを送った。

共同通信