【カイロ共同】トルコのダウトオール首相は5日、アンカラで記者会見し、辞任を表明した。エルドアン大統領との対立が原因で事実上、辞任に追い込まれたとみられ、エルドアン氏の影響力がますます強まりそうだ。与党公正発展党(AKP)の党首も務めるダウトオール氏は「次期党首選には立候補しない」と述べた。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。