ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

トルコ首相、対決姿勢

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン首相は7日未明(日本時間同日午前)、北アフリカ諸国歴訪を終えて帰国し、空港に集まった数千人の支持者を前に「違法行為に近い抗議デモは直ちに終えなければならない」と述べ、反政府デモ隊に対して対決姿勢を鮮明にした。反政府デモ隊の反発は必至で、混乱の長期化は避けられない情勢だ。首相は6日には、イスタンブールの再開発計画を「後戻りさせるつもりはない」と強調。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。