外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ユルギュップ(トルコ中部)共同】トルコ・カッパドキアで新潟大4年の女子学生2人がナイフで刺され死傷した事件で、殺人などの疑いで逮捕された修理工ファーティフ・ウヤル容疑者(24)の母親アイシェさん(42)が14日、共同通信の取材に応じた。事件前後で特に変わった様子はなく、事件の翌日には両親と共にお見合いに行ったと話した。ウヤル容疑者は3人兄弟の長男。両親と暮らしていた。

共同通信