外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 名古屋高速道路公社は12日、中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故を受け、同じ構造の天井板がある名古屋高速2号東山線の東山トンネルの上下線(名古屋市千種区、名東区、天白区)を緊急点検した結果、ボルトを締めるナット14個の欠落が確認されたと発表した。直近の点検は今年9月に行われており、公社は「見落とした可能性が高い」としている。一方で「安全性に問題はない」として、通行止めの措置は取らないという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信