外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 3日正午ごろ、大阪府河内長野市と和歌山県橋本市をつなぐ国道371号の紀見トンネル(全長約1・5キロ)内で、約1メートル四方のコンクリート製の側壁が落下した。河内長野署によると、当時は車が通行していたが対向車線に回避するなどして、衝突やけが人はなかった。同署によると、トンネルは片側1車線の直線。大阪側の入り口から南に約300メートルで、地上約5メートルの高さにある側壁が剥がれて歩道上に落下した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信