外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ドイツ航空宇宙センターは23日、エックス線観測衛星「ROSAT」が日本時間同日午前10時45分から同11時15分の間に大気圏に突入したと発表。詳しい落下場所は不明だが、宇宙航空研究開発機構の試算では、この時間帯はインド洋から中国などを経てオホーツク海に抜けることになっていた。衛星は、日本上空を通過。首相官邸の危機管理センターによると、日本国内に衛星の部品が落下したとの情報はないという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信