外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】難民保護申請者のテロが7月に相次ぎ、難民らへの警戒感が強まるドイツで18日、首都ベルリン特別市(州と同格)の議会選が行われた。市選挙管理委員会によると、難民らの受け入れ継続を表明したメルケル首相の与党キリスト教民主同盟(CDU)は得票率が17・6%で、前回選挙から5・7ポイント減らし大敗した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信