外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツ南西部にある障害者が働く作業施設で26日午後2時(日本時間同午後10時)ごろ、火災が発生し、地元警察によると14人が死亡、8人が重傷を負った。倉庫が爆発した後、火の手が上がり、逃げ遅れたという。施設はカトリック団体が運営しており、精神障害者や身体障害者ら約120人が木材を加工する作業などに従事していた。化学薬品を扱っており、警察が爆発との関連を調べている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信