外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】24日投開票のドイツ連邦議会(下院)総選挙はメルケル首相の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が第1党を維持、首相4選が確実となり、焦点は連立交渉に移った。メルケル氏は中道の自由民主党(FDP)、環境政党90年連合・緑の党との3党連立を模索する見通し。両党は産業や環境政策で隔たりが大きく、交渉は難航必至だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信