外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントの日本代表MF香川真司が15日の練習中に左足首の靱帯を損傷し、戦列を離脱することになった。クラブが16日、公式サイトで発表した。クラブによると、3月3日のマインツ戦には復帰できる見通しという。入団2季目の香川は今季のリーグ戦で7点を挙げている。昨季は右足小指の付け根を骨折し、シーズン後半を棒に振った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信