外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】ナイジェリア中部プラトー州の州都ジョスで5日、モスク(イスラム礼拝所)と飲食店の2カ所で爆発があり、計44人が死亡、67人が負傷した。いずれもイスラム過激派ボコ・ハラムによるテロとみられる。AP通信が6日伝えた。またフランス公共ラジオによると、北東部ヨベ州ポティスクムのキリスト教会でも自爆テロがあり5人が死亡した。

共同通信