外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】米司法当局が98年にナチス・ドイツの強奪品の疑いがあるとして押収し、ウィーンのレオポルド美術館に返還されたオーストリアの画家エゴン・シーレ(1890~1918年)の絵画「ワリーの肖像」が23日、同美術館で公開された。オーストリア通信が伝えた。絵画のモデルはシーレの恋人の女性で、同美術館が所蔵するシーレの自画像の隣に展示された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信