外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】大韓航空機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒り離陸を遅らせたとして、航空保安法違反などの罪に問われた同社前副社長、趙顕娥被告(40)の公判が2日、ソウル西部地裁で開かれ、検察側は懲役3年を求刑した。公判は10時間以上に及び3日未明に結審。判決は12日に言い渡される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信