外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国内サッカー三大タイトルの一つ、Jリーグのヤマザキナビスコ・カップは3日、東京・国立競技場で決勝を行い、鹿島が延長で清水を2―1で下し、2連覇を達成した。連覇は史上3クラブ目。また自身の大会最多を更新する5度目の頂点に立った。鹿島は国内主要タイトル獲得数でも最多の16個目。最優秀選手に2ゴールを挙げた20歳のMF柴崎が選ばれた。鹿島のジョルジーニョ監督は選手、監督両方で初めてナビスコ杯を制した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信