外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリア第3の都市南部ナポリの路上などで多量の家庭ごみが放置されている問題で、ベルルスコーニ首相は28日、同市近郊のごみ焼却場を視察、一連の対策を発表した上で「ナポリのごみは3日で無くなる」と断言した。ごみ問題の背景には慢性的な処理能力不足があり、簡単には解決できないとの見方が強いが、首相は指導力を見せることで支持率の回復を狙ったとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信