外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリア南部ナポリと周辺の路上に多量の家庭ごみなどが放置されている問題で、放置ごみは問題発生以来、最高の1万トン以上に。世界遺産の歴史地区は、観光への影響を考慮して優先的に回収されてきたが、同地区周辺もごみがあふれる状態。レプブリカ紙などが17日伝えた。首相は17日もナポリ訪問を計画したが中止に。政治危機でごみ問題どころではないとの指摘もあり、事態は深刻化する一方だ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信