外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】歴史地区が世界遺産になっているイタリア南部ナポリとその周辺地域の路上などで、ごみ収集業者のストにより9月から放置されている大量の家庭ごみの量が19日、約1100トンに達し、事態は長期化している。ストは中止されたものの、今度はナポリ市郊外の新処理場へのごみ搬入を反対住民が阻止。19日までに多数の収集車が放火、破壊され、住民と警官隊との衝突でけが人や逮捕者も出た。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信