外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県東海村の加速器施設「J―PARC」から発射した素粒子ニュートリノが、295キロ先の岐阜県飛騨市の「スーパーカミオカンデ」に届くまでに、新たな変身パターンを観測したと高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)などの国際チームが19日発表した。ニュートリノは、「電子」「ミュー」「タウ」と三つの型があり、今回、世界で初めてミュー型から電子型への変身を観測した。宇宙の成り立ち解明の手掛かりに。

共同通信