外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は13日、ニートなどの若者の就労を支援する「地域若者サポートステーション(サポステ)」を、現在の116カ所から2013年度中に160カ所に拡充する方針を固めた。失業中の若者らを雇って職業訓練をした企業に、1人当たり月15万円を助成する制度も新設。12年度補正予算案に関連費用として計600億円を盛り込む。15~24歳の完全失業率は昨年11月時点で6・5%と他の年齢層に比べて高い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信