外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】ロンドンで始まったサイバー空間に関する国際会議で、インターネットの規制をめぐり、国際条約を通じた規制強化を求める中国やロシアなどと、一定の自由を認めるべきだとする英国や米国、日本などとの間で意見の相違が浮き彫りになった。英国のキャメロン首相は、表現の自由とのバランスを取りながら、国際的な合意に基づく規制が望ましいとの考えを示し、米国・日本も支持した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信