外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 八千代銀行(東京)のインターネットバンキングへの不正アクセスにより、通販会社の口座から無断送金された現金を引き出したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は19日までに、詐欺の疑いで、中国籍のアルバイト薛章文容疑者(51)を逮捕した。ネットバンキングをめぐっては4月以降、全国の金融機関で利用者の預金が別の口座に勝手に送金される被害が相次ぎ、警察庁の調査で2億7千万円を超える被害が確認されている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信