【パリ共同】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は26日、口封じを目的としたジャーナリストに対するネット上での脅迫や中傷など「サイバーハラスメント」に関する報告書を発表し「世界各地で行われ、報道の自由に対する最悪の脅威の一つとなっている」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。