外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 今年に入りインターネットバンキングをめぐる不正送金の被害が急増し、1~7月の被害が398件で計約3億6千万円と、年間で過去最悪だった2011年の約3億800万円を上回ったことが2日、警察庁のまとめで分かった。警察庁によると、被害に遭ったのは楽天、ゆうちょ、みずほ、三菱東京UFJ、りそな、シティバンク、セブンなど計12銀行の利用者。居住地は42都道府県に及ぶ。月別の被害は最近2カ月が突出している。

共同通信