外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎大病院に心臓と肺の持病で入院していた県内の生後11カ月の女児が、ノロウイルスに感染し、18日に死亡したと、宮崎市が19日発表した。同病院では今月、女児を含む3人からウイルスを検出したという。市によると、女児は6月に入院。17日に下痢の症状が出て検査した結果、ノロウイルスが検出され、18日未明に死亡した。市は「ウイルスと死因との因果関係は不明だが、影響はゼロではないと思う」としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信