ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ノロウイルス流行の兆し

 ノロウイルスによるとみられる感染性胃腸炎が流行の兆しをみせている。過去10年で最も流行した2006年に次ぐペースで患者が増加。特に関西と九州で多い傾向にある。例年は12月中にピークとなることから、厚生労働省は27日、感染防止策をまとめ都道府県などへ注意喚起した。ノロウイルスは冬に多発する食中毒の原因として知られる。ノロウイルスに感染すると、24~48時間の潜伏期間の後、嘔吐や下痢を繰り返す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。