外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 青色の発光ダイオード(LED)を開発し、ノーベル物理学賞の受賞が決まった天野浩名古屋大教授(54)が10日、訪問先のフランスから中部空港に帰国後、共同受賞する大学時代の恩師、赤崎勇名城大終身教授(名古屋大特別教授)(85)と名古屋大で記者会見し、「このような栄誉に驚いている」と笑顔で感想を語った。

共同通信